サポーター力

2011.09.30

9月も今日で終わりいよいよ秋の訪れかのように朝も涼しくなってきた。
栃木SCの今シーズンの試合数も残り11試合。
今栃木SCに関わるサポーター、ファン、スポンサーの方々色々言いたい事はあるだろう。
だけど、考えて欲しい。
歴史を変えることはそんなに甘くはない。
2008年JFLからJリーグに昇格した時期も全く同じく勝てない時期があった。
その時に涙を流しながら栃木SCを応援し続けてくれたファンやサポーターの方々がいたから昇格できたと思う。
この前のホームゲーム3試合。負ける度にお客さんが減っていくのを妙に淋しく思えた。
もちろん結果が出ていないけれど、それでもファンやサポーターにはスタジアムに足を運び檄を飛ばして欲しい。
勝ちたいのは選手が一番思っているはず。
そして選手の背中を後押ししてくれる声援の大きさ、存在の偉大さが選手の足を確実にゴールへと向かわせる。
まだまだ勝負はここから。上位がこける可能性も十分ある。
サッカーは何があるかわからないのだから。
もう一度心の底から県民の歌を試合後に聴かせてくれることを願っています。